毎日の食事が大切

中性脂肪を下げる、増やさないためには毎日の食事が大切となります。食事の摂取量が多いと中性脂肪も増えますし肥満の原因ともなります。だからと言ってご飯を食べない、無理にダイエットをする、回数を減らすのは良くありません。毎日きちんと3食をとり栄養バランスを考えた食事を摂るようにしましょう。

朝は忙しくて時間がないという場合も多いと思いますが、せめてバナナと牛乳や果物などを摂るようにしましょう。夕食は食べ過ぎることが多いので注意です。一日の栄養を補う程度でいいので、食べ過ぎないようにしましょう。夜に甘い物などを食べると中性脂肪が増えやすくなりますので気をつけましょう。

脂質や炭水化物の摂り過ぎも中性脂肪を増やしてしまいます。大切なエネルギー源ですから極端に減らすのではなく、適量を心がけ摂りすぎに注意しましょう。無理に食べる量を減らしても空腹に耐えられず間食をしたりデザートを食べてしまっては意味がないので、きちんと食事を摂るようにしましょう。肉中心ではなく、魚や野菜などもバランス良く食べるようにしましょう。

深夜の食事や早食い、何かをしながらの食事、食べ過ぎやまとめ食いは中性脂肪を増やす原因になります。いつも腹八分ということを頭において食事をするようにしましょう。お酒は百薬の長といいますが、適量は体に良くても飲みすぎは害になります。適量を心がけましょう。肥満や病気を防ぐため、健康維持のために毎日の食事は大切なものなので、適正な食事を摂るようにしましょう。