コレステロールと中性脂肪

コレステロールも中性脂肪も、共に体にとっては必要なものです。しかし取りすぎてしまうと体にとって悪いものへと変わってしまいます。普段からコレステロールのことは気にしてる人が多くいますが、中性脂肪は気にしないことが多いのか、日本では中性脂肪の取り過ぎという人のほうが多くなっています。食生活の変化も中性脂肪の摂取量が増えた要因のひとつのようです。

中性脂肪は多く蓄積されてしまうとさまざまな病気の原因ともなりますが、コレステロールも同じように取り過ぎてしまうといくつかの病気を引き起こしてしまいます。コレステロールを摂取しすぎて起こる病気は、中性脂肪からなる病気とほとんど同じで動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こします。

進行すると恐ろしいことになる病気が多いのです。脳や血液など、人間の体の中でも重要な部分に悪影響を及ぼしてしまうのです。コレステロールも中性脂肪もエネルギーやホルモンの元となる大切なものですが、摂取しすぎないように日頃から注意しましょう。病気になってから慌てることのないよう、普段から病気にならないよう健康状態を維持する努力をしましょう。

最近では健康ブームということもあり、体にいい食材なども多く販売されています。コレステロル値を下げる飲み物や数値の低いマヨネーズ、善玉コレステロールの多い健康食品などもありますので、普段から活用してみてはいかがでしょう。また、コレステロールだけではなく中性脂肪を増やさないためにお肉を減らしたり運動をしたりするように心がけましょう。